植毛の傷口が目立たないクリニック

ダメージへアの原因

毎日のヘアセットやパーマやカラーなどで傷んだ髪の毛。ダメージヘアーの原因には様々な理由が挙げられます。

カラーやパーマが原因で痛む

カラーリングは、長時間色持ちを良くするためキューティクルを無理やり開かせて髪の内部にあるメラニン色素を脱色して着色をするため、髪の外側のキューティクルが剥がれるので、外側も髪内部もダーメジを負ってしまい髪の毛が痛んでしまいます。

 

パーマはキューティクルを無理やり開かせて内部にある結合の部分を一度切ってからやりたい形状に作るので、髪の毛の外側にあるキューティクルも剥がれ内部もダメージを負うので、カラーと同様ダメージが大きいです。

 

ヘアーアイロン、ドライヤーによるダメージ

今やヘアーアイロンやコテを愛用している方は少なくないと思います。
熱に弱いキューティクルに高温で熱を与えてしまうことでキューティクルが開き髪の毛が痛んでしまいます。
また水をつけてアイロンをかけてしまうと、髪内部の水分も蒸発してしまうためよりダメージを与えるのでヘアーオイルなどを使うとダメージを抑えることができます。

 

ドライヤーも同様に熱を髪に与えるので長時間当てたり、当てる位置が近いとダメージを与えてしまいます。
ドライヤーをかける前も濡れた髪でも使えるヘアーオイルなど使うと痛みにくいです。
またドライヤーをかけずに寝てしまうことは、濡れているとキューティクルが開いた状態にあるので枕などの摩擦でより髪の毛を痛ませてしまいます。

 

きちんと乾かしたら、女性用育毛剤を頭皮に塗ると今から生える髪の毛を健康的な状態にする効果が期待できます。長春毛精 使い方にもあるように、頭皮に育毛剤を塗ったらマッサージをしながらやると頭皮の血行も良くなってより髪にいい影響を与えますよ。

 

痩身エステ 安いので、血行促進におすすめです。

 

ヘアスタイルが長持ちしないときの対処法

朝、どんなに一生懸命手入れをして、ヘアスタイルを作っても、通勤電車で汗ばんだり、湿気や雨にやられたりで、会社に着くまでにはもういつもの起きぬけのヘアスタイルに戻ってしまっている・・なんていう経験はありませんか。

 

いま、流行のくるりんぱヘアをつくっても、髪の毛の量が多いと、いつのまにか形が崩れてしまったり後れ毛がぴょんっと出てしまったりすることも。

 

ふんわり巻き髪をしたのに、スタイリング剤の重みでびろんと伸びてしまったり。

 

そんな悩みを持っている人におすすめなのが、ハードタイプのスプレー式のヘアスタイリング剤です。(ケープやVO5など)

 

皆さんは、巻き毛をしたり、ヘアスタイルを作ったりしたあとに、最後の仕上げとしてこういったスタイリング剤を使うという人が多いと思います。

 

これももちろんヘアスタイルが崩れるのを防いでくれることにつながります。

 

でも、場合によっては、そのスタイリング剤の重みや湿気で、髪の毛のスタイルがくずれてしまうことも。

 

そこでおすすめしたいのが、ヘアスタイルを作ったり、カーラーで巻いたりする前にいちどハードタイプのスプレー式スタイリング剤を毛先や、スタイルを作りたい部分の髪の毛にさっとかけておきます。

 

その状態で、スタイルを作り始めてみましょう。
こうすると、スタイリングも簡単になりますし、ヘアスタイルの持ちもよくなりますよ。

 

まとめ髪をする場合は、スプレータイプでなくても、ワックスやヘアクリームをよく手で髪にもみこんでからまとめると、かんたんにきれいにまとまります。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

育毛シャンプー ランキング 女性で自分に合った商品を探そう♪

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ